ジルヴェスターコンサートのご報告

コンサート内容のご報告とは少し異なりますが、
私達の大切な仲間についてお伝えさせて頂きます。

19年続いているジルベスターコンサート、皆勤で勤めていたステージマネージャーの早坂さんが
残念ながら昨年の11月末に亡くなりました。心より哀悼の意を表します。

関音チームは舞台監督・進行を10年ほど前から勤めさせていただいています。
早坂さんはパワーある仕事ぶりで、安心してオーケストラの転換や進行をお任せできる人でした。
みなとみらいさんからは絶大な信頼を得ている人でした。
もちろん、他のオーケストラや指揮者・スタッフからでもです。
彼がいなくなって寂しさはありましたが、スタッフが一致団結していたので、
失敗はないと信じていましたし、無事に終了できました。
早坂さんがいないことで、オーケストラや他のスタッフの方々に不安をもたれることは
一番早坂さんが嫌ったと思います。
その点では、早坂さんの代わりに入った神奈川フィルのステージマネージャー寺門さんはじめ
素敵なチームワークでカウントダウンまで持って行き
飯森範親さんの指揮で0時0分0秒に曲が終わって新年を迎えることができました。
とても、嬉しかったですし、早坂さんも喜んでくれたと信じています。

彼がいない寂しさは募るばかりですが、この仕事をしている以上、
道半ばで亡くなられた早坂さんの心を引き継いで行きたいと思います。
明るく振舞ってくれる人でした。
私たちもそこも引き継いで明るく楽しく仕事を続けて行きたいと思います。